2005年11月18日

弘法 筆を択ぶ !?

こんばんは
友達に誘われて、「大仏マラソン」の3kmに出ることになりました。
運動なんて、ここ数年していない柘榴。
当日まで、あと、2週間! そろそろ、練習し始めないとやばいですよねがく〜(落胆した顔)

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

「弘法筆を択(えら)ばず」って言葉、皆さん聞いたことありますよね?

これ、辞書でひいてみると…
『弘法大師は筆のよしあしを問題にしない。真に一芸に長じた人は、どんな道具を使ってもりっぱな仕事をするたとえ。(大辞泉より)』
なんですけど…

古い書物の『性霊集(遍照発揮性霊集)4 』っていう本にこんな風に載ってます。

良工(りょうこう)は、先ずその刀を利(と)ぎ、
能書(のうしょ)は必ず好筆(こうひつ)を用う。
刻鏤(こくろう)、用に随(したが)って刀を改め、
臨池、字に逐(したが)って筆を変ず。


これを読んで、柘榴が解るはずもなく・・・・・・・

現代語訳はというと・・・

名工は、仕事に先立って先ず刀を研ぐ、
能書家(←達筆の方)は、かならず、用途にあった筆を選ぶ。
刻(木に彫る)と鏤(金属に彫る)とでは、刀を改めなければ、ならない、
書の場合も字にかなった筆を用いなければ、ならない。


ってことらしい。。。。
ってことは、弘法は、筆を択んだ!んです。

この文章、皇太子の求めに応じて、狸毛の筆を贈った時の一説なんです。
それに、嵯峨天皇にも、求めに応じて、楷書、行書、草書(目注釈)、写経用の狸毛の筆を一本ずつ献上してるんです。

ものすごーーーーく筆を択んでますよね?
どこから、どう変わっていったのか?

でも、これ、柘榴なりに、この「弘法筆を択ばず」を解釈してみましたるんるん
「この筆は、書けない!と言って、その筆が、ダメだと決めつけてしまったり、筆を選んだりするのではなく、その筆の特徴をいかせるような書体や字を選べるだけの知識と技術の習得をしなさい。」って感じでしょうか?
人が道具を選ぶように、道具も、又、人を選ぶんでしょうね。

ってことで、道具に呆れられないように、柘榴も頑張らねばexclamation×2
なんせ、今月の競書の締め切りが目の前に・・・・あせあせ(飛び散る汗)
何事も、ぎりぎりにならないとできない柘榴ですふらふら

ちなみに、柘榴の楷書の筆は、△万円でした。。。。
筆に見合った技術を身に付けないとね(;^_^Aアセアセ…

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。

目注釈 (大辞泉より)
楷書・・・点画を正確に書き、現在、最も標準的な書体とされている。
行書・・・楷書をやや崩した書体で、楷書と草書の中間にあたる。
草書・・・行書をさらに崩して点画を略し、曲線を多くしたもの。
posted by 柘榴 at 20:05| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 柘榴のたわごと(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

特別史跡 平城宮跡 第一次大極殿正殿復原整備 特別公開(第三回)

こんばんは
今朝の寧楽は、めちゃくちゃ寒かったです。
お布団から出るのが、日々辛くなる柘榴ですふらふら

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…
寧楽では、いろんな特別公開が、あちらこちらで行われています。
『特別公開』のはしご!なんてのも、この時期ならではですよ
それらの特別公開の中で選りすぐって柘榴が行ってきたのが…

特別史跡 平城宮跡
第一次大極殿正殿復原整備
特別公開(第三回)


第三回っていうぐらいなので、前に2回、特別公開があったみたいです。
「みたいです」って言葉のとおり、柘榴、公開されていたことを知りませんでしたふらふら
もちろん、中で、大極殿が、復原されている平城京跡にある大きなグレーの物体があるのは、知ってたんですけど…

大極殿 修理 全体.JPG

このブログを書くようになって、ホントに寧楽のことを見直すことが、多々ありますわーい(嬉しい顔)

で、
その大極殿の特別公開に行ってきました。
ちなみに、11月4日〜11月6日までだったので、情報が遅くて、皆様、ごめんなさい

第一回、第二回の、特別公開の部分は、この図の黄色&緑の部分です。
大極殿製造済箇所図.jpg
朱色で、表されているのが、柘榴が見に行った第三回公開部分です。

↓その公開部分。ちょうどビルの3階の高さぐらいのところです。
P1010171.JPG       P1010167.JPG


完成が平城京遷都1300年にあたる2010年の予定です。
この図を見ると、第4回、第5回と特別公開がありそうですよね。

この大極殿
出来上がると、東西44m、南北19.5m、高さ27mになるそうです。
こんなに大きな建物、どんな施設だったのかというと・・・・
平城京の中心にあり、最も重要な建物だったらしいんです。
それは、名前の由来からも判るんです。
もちろん、中国は、あの時代、最先端の国でしたから、平城京も、古代中国の都市計画を見習って作られてるんです。
その都市計画、古代中国の天文学とも密接な関係で…
天文学の中心にある『北極星』=『大極星』から、つけられてるんですって。
なので、重要な国家的儀式、天皇の即位式や元日の朝賀に使われていたんです。

大極殿は、740年に恭仁京へ遷都されたときに移築され、745年に再び・城京に都が戻されてから、元の位置の東側に建てられて様です。
このたびの再建は、第一次大極殿復原整備って書かれている様に、恭仁京に移築される前の場所に建てられています。

この再建には、他の意味もあるみたいです。
昔の技術を伝えていくこと!らしいんです
それが、これ。
↓やりがんな仕上げの様子。
カンナ引き.JPG

又、建物内部には、蓮の花が、古代技法によって再現されています。
これは、再現完成図
  天井裏 完成図.JPG

これは、再現された部分
  天井裏 蓮 鏡 切取.jpg

これは、再現過程の彩色の過程です。
  蓮 下絵.JPG   蓮 彩色方法.JPG


元々、平城京は野原で柘榴が子供の頃は、ピクニックや、たこあげ(ゲイラカイト)等をした所でした。
なんせ、電線がなかったので、ゲイラカイトが、見えなくなりそうに小さくなる高さまで、あげたことがあるんですよぉ〜
その平城京にも、大極殿が再建中ですし、東院庭園や朱雀門が、再建されています。

ここで、耳より情報!
寧楽をガイドしてくれる なら・観光ボランティアガイドの会 朱雀
タダ!とは、いきませんが、お手軽なお値段で、小人数(ご家族・グループ)から団体、また、英語のガイドまでしていただけるみたいです。

その費用。
気になりますよね?

費用は、運営協力費 1人1日当たり \100円(10人未満の場合\1.000)+ガイド時間内のガイドさんの交通費、食事代等。ネットでも、FAXでも申し込みできるみたいです。
この費用で、くわしいガイドや裏ネタなんかが聞けるなら、お得!じゃないですか?

寧楽に住んでいる柘榴ですが、一度、利用してみたいなぁ…って思ってます。
その時は、又、ブログでお知らせしますね

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。
posted by 柘榴 at 20:33| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

『1日の楽しみ』に写真追加

こんばんは。
今日は文化の日!だというのに、一日中お留守番で、お家でボーッとすごした柘榴です。
読みかけの本を読み始めたら、いつの間にか、"お昼寝"の時間に変わってました(;^_^Aアセアセ…
でも、この『ボーッ』っていうのも、リフレッシュには欠かせないもの。
皆さんは、どんな風に一日を過ごされましたか?

今宵は、柘榴からのお知らせです。

今月も桜井市にある三輪明神にお参りに行ってきました。
その時撮った写真を『1日の楽しみ』に追加しました。
湯気までうまく取れなかったのですが・・・。

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。

posted by 柘榴 at 19:09| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寧楽揮毫室からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

芸亭

こんばんは
寧楽では、秋の恒例行事である正倉院展が始まりました。
ここ、5〜6年、欠かさず訪れている柘榴。
もちろん、今年も行くつもりです。
ちなみに会期は、11月14日まで。

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

『芸亭』

皆さんは、なんと読むかご存知ですか?
もちろん、『げいてい』ではないんです。
『うんてい』って読むんです。

柘榴が、読めるようになったのは、愛用の筆の名前だったからなんです。
↓これが柘榴の愛用の筆。奈良筆の老舗 花月堂さんのお店のものです。
筆 芸亭.JPG


続きを読む
posted by 柘榴 at 20:38| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

『吉祥天女像(浄瑠璃寺)』に、写真追加

こんばんは。
日々寒くなる寧楽。
この寒さが、きれいな紅葉を促すとはいえ、やっぱり寒さが苦手な柘榴ですふらふら

今宵は、柘榴からのお知らせです。
『吉祥天女像 (浄瑠璃寺)』の記事に、 写真を追加しました。

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。

posted by 柘榴 at 18:41| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寧楽揮毫室からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

吉祥天女像 (浄瑠璃寺)

こんばんは
夕飯に、肉団子の甘酢あんかけを作ったのですが、どこでどう間違ったのか…がく〜(落胆した顔)
料理は、苦手の柘榴です。

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

別名『九体寺』といわれる浄瑠璃寺
京都府加茂にあるお寺。
山門.JPG
↑山門へ続く道です。

柘榴の住む寧楽は、京都府に隣接しているために、車で10分走ると、京都府になります。
バスも近鉄奈良駅から京都府加茂に出ているぐらいです。
九体寺といわれるのは、

続きを読む
posted by 柘榴 at 22:35| 奈良 | Comment(1) | TrackBack(0) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

今日は何の日? 10月14日

おはよう

今日もいいお天気晴れ
今日も一日、がんばりましょうp(^^)q

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

今日は何の日?って言葉を見ると(聞くと)・・・
「今日は何の日?ふっふぅ〜るんるん」っていうフレーズと共に、みのさん顔がでてきてしまう柘榴ですわーい(嬉しい顔)
そう、皆さんも一度は御覧になられたことがある、毎日、お昼に日本テレビで放送されている「おもいっきりテレビ」の1コーナー「今日は何の日?」がうかんできちゃうんです。

さて、寧楽にとって、今日は、何の日?

続きを読む
posted by 柘榴 at 08:48| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

茶筅の里 高山 十六夜コンサート

こんばんは
秋の寒さが、みにしみる朝夕になってきました。
それとともに、秋の味覚 栗に、柿、きのこ、そして、なんといっても、新米!が、出揃ってきてますよね。
柘榴&柘榴の従妹にとっては、秋の味覚は、黒豆のえだまめ黒ハート
毎年、黒豆の枝豆を作って持ってきてくれるおじちゃん&おばちゃん。
今年も楽しみにしてま〜す。

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

茶筅を皆さんはご存知ですか?

続きを読む
posted by 柘榴 at 18:57| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

うれしいお知らせ

こんばんは
先週末は、夏のような気候の寧楽でしたが、今日は、昼から雨が降り続き秋の長雨を楽しんでいる柘榴です。でも、ちと、肌寒いかなぁ。。。

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

最近、PCメールのチェックをするのが日課になりつつあります。
(今までは、1〜2週間ほったらかしっていうこともあったのですが…)
というのも…
最近、うれしいお届けをいただいたんです。
一つは、郵便で!
一つは、メールで!


続きを読む
posted by 柘榴 at 18:57| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 柘榴のたわごと(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

お家でのお月見

こんばんは
皆様、先週末の三連休は、どのようのすごされましたか?
はたまた、明日からの三連休は、どのようにすごされるのでしょうか?
今週のように火・水・木だけ働いくだけならいいのに。。。と思う柘榴です。

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

先週末ブログで、「今年こそ!」と書いたのですが・・・

続きを読む
posted by 柘榴 at 19:52| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 柘榴のたわごと(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。