2005年10月27日

吉祥天女像 (浄瑠璃寺)

こんばんは
夕飯に、肉団子の甘酢あんかけを作ったのですが、どこでどう間違ったのか…がく〜(落胆した顔)
料理は、苦手の柘榴です。

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

別名『九体寺』といわれる浄瑠璃寺
京都府加茂にあるお寺。
山門.JPG
↑山門へ続く道です。

柘榴の住む寧楽は、京都府に隣接しているために、車で10分走ると、京都府になります。
バスも近鉄奈良駅から京都府加茂に出ているぐらいです。
九体寺といわれるのは、

9体の阿弥陀如来が祀られているからなのだそうです
柘榴も訪れたのは、初めて
前々から訪れてみたいと思っていた柘榴
なぜかと言うと・・

秘仏である吉祥天女像が「柘榴」に似ている!らしいのです。
柘榴、実は秋篠寺にある伎芸天(ぎげいてん)にも似ているって言われたことがあります。
ふくよかしい顔立ちが”仏像似”だったりするんでしょうね。。。
でも、うら若き乙女に”仏像顔”と言われても喜んでいいのかどうか迷ってしまいますが。。。
これまた、おばあちゃんが言ったらしいのです。トホホふらふら
でも、母を誘い出し、日曜日(23日)にお出かけして、秘仏 吉祥天女像をご対面してきました。

吉祥天女像.jpg
↑写真は撮れなかったので、しおりから取らせていただきました。

ご対面の感想
確かに。。。。
似てるかも。。。。
小さい頃の柘榴に似てました。。。exclamation×2

秘仏なので、1月1日〜1月15日、3月21日〜5月20日、10月1日〜11月30日だけの公開になります。
ここで、耳寄り情報!
九体寺には、
国宝
   九体阿弥陀如来像
九体阿弥陀仏像.jpg
↑写真は撮れなかったので、しおりから取らせていただきました。

   四天王像
四天王像.jpg
↑写真は撮れなかったので、しおりから取らせていただきました。

   九体阿弥陀堂
阿弥陀堂.JPG

   三重塔
三重塔A.JPG

重文
   子安地蔵菩薩像
子安地蔵菩薩像.jpg
↑写真は撮れなかったので、しおりから取らせていただきました。

   不動明王
不動.jpg
↑写真は撮れなかったので、しおりから取らせていただきました。

   石灯籠二基
   ↑写真がなくてごめんなさいふらふら

重文で秘仏
   薬師如来像
秘仏 薬師如来像 jpeg.jpg
↑写真は撮れなかったので、しおりから取らせていただきました。

   吉祥天女像
吉祥天女像.jpg
↑写真は撮れなかったので、しおりから取らせていただきました。

   大日如来像
秘仏・大日如来.jpg
↑写真は撮れなかったので、しおりから取らせていただきました。

   弁財天像
   ↑写真がなくてごめんなさいふらふら

以上があります。

秘仏は、それぞれ開帳日が決まっているのですが…
これらの秘仏。
ぜ〜んぶ一日で見れちゃう日があるんです
それは、1月8日
といのも、
薬師如来像は、毎月8日、彼岸の中日、正月三ヶ日(ただし、好天のみ)
大日如来像は、1月8日〜1月10日
弁財天像は、常時
の開帳になるんです。

ねっ
1月8日!
それもいいお天気の日でないと一度に秘仏や国宝を見ることができないんですよぉ〜。
来年の1月8日は、日曜日です。
もし、お天気なら、お出かけしてみてはいかがですか?

もちろん、秋の九体寺もとても、素敵なので季節ごとに訪れるのもいいかも。
紅葉は、今からですよぉ〜

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。
posted by 柘榴 at 22:35| 奈良 | Comment(1) | TrackBack(0) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は浄瑠璃寺の吉祥天女が大好きでテンペラ画で何枚も描きました。
古今集にある吉祥天女と寝る話も何回も読んで願望を果たしたいと思い大阪の某所まで訪ねていきましたが、やはり浄瑠璃寺の吉祥天女が最高です。
柘榴さんが吉祥天女に似ているのならお会いしですね。
Posted by 井筒三朗 at 2006年12月26日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8666195

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。