2005年12月15日

春日若宮おん祭り

こんばんは
というか、お久しぶりです(;^_^Aアセアセ…
お仕事多忙のため、なかなか、新しい記事が書けませんでしたふらふら
なんて言ったって、恩師さえ走る師走(しわす)ですからねダッシュ(走り出すさま)
柘榴も走っておりま〜すあせあせ(飛び散る汗)
っていうか、実際は、走らなかったんですけど…(;^_^Aアセアセ…←「どっちやねんexclamation」って突っ込んでくださいね。

前にもお知らせした通り、12月4日、大仏マラソンにエントリーしておりました。
が、しかし、その日は、あいにくの雨雨
恵みの雨だったのかも?って声もあるのですが…
それに、加えて、寒気で、雨とも霙とも感じられる天候。
コースは、東大寺をはじめとする多くの寺院、原始林、宮跡からなる世界遺産をまわる、10キロ、5キロ、3キロ。
柘榴は、3キロのコースだったのですが、雨のため、東大寺南大門、東大寺本殿へと向かう石畳は、つるんつるん。
スタート地である新公会堂前の広場へ歩いていくのでさえ、「つるん」っていきそうな勢いだったんです。
で、走らずに参加賞の柿の葉ずしだけ、ちゃっかりいただいて帰ってきちゃいました。

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

寧楽では、「春日若宮おん祭り」というお祭りがあります。
柘榴が行っていた小学校や、中学校では、17日は、お祭りのために、授業が、午前中で終了なので、毎年、お祭りに行ってました。
でも、柘榴のいう「お祭り」って時代装束を着ての大行列である「お渡り式」ってところだけだったんです。亡くなった柘榴のおじいちゃんの趣味が乗馬だったようで、柘榴が小さい頃は、その行列に馬に乗って参加していたみたいです。あんまり、記憶がないのですが…
だからなのか、柘榴、その行列が、お祭りなんだと思ってましたふらふら
寧楽に興味を持ち始めて知ったんですけど、このお祭り、12月15日〜18日まで行われるんです。

お祭りの全貌は以下の通りです。
 15日 大宿所祭  17:00〜 
 16日 宵宮祭   16:00〜
 17日 お渡り式 12:00〜14:30
     松の下式 13:00
       春日大明神が御出現になったという「影向の松」に向かい、田楽など
       の曲を奏で舞う。
     お旅所祭 14:30〜
     還幸の儀 23:00
 18日 御宴能、奉納相撲 13:00
おん祭りの始まりは、平安時代の末期、大飢饉の際、関白藤原忠通が五穀豊穣と国民安寧を祈ってはじめられたそうなんです。

メインであるお渡り式や、松の下式は、土曜日である17日に行われるので、お近くの方は、いらしてくださいね。
ですが、くれぐれも、公共交通機関をお使いくださ〜い。
その日は、交通規制や「人・人・人」で、寧楽があふれているので…

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。
posted by 柘榴 at 21:32| 奈良 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、TBさせていただきました。
おじいちゃんの話を読んで、ますますお祭りが楽しみになってきました。
Posted by tatsushi at 2005年12月16日 09:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

春日大社 - 春日若宮おん祭 @奈良
Excerpt: 今週末奈良でお祭りがあります。 「わたしゃ忙しい」 と、 普段なら土日も関係ない私ですが、 同居人が行きたそうに話しているので、一応行く予定。 まぁ、 研究職なので比較的時間管理は自己責任..
Weblog: やる記
Tracked: 2005-12-16 09:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。