2006年10月23日

奈良ソムリエ検定 公式テキストゲット

ご無沙汰しておりました(^^ゞ
暑い!暑い!と文句を言い続けた日々もとうに過ぎ、寧楽では、虫の音が聞こえる季節もすぎ、時折寒さを感じる季節となりました。
昔聞いたことがあるのですが、10代は、基本単位が、日。
20代は、週。30代は、月。40代は、年単位。
この単位、物事の進むスピードの感じ方だったり、考えたりする単位なんだそうです。
30代の柘榴ですが…。なんだか、わかるような気がします。
だって、柘榴の仕事柄のせいなのか、物事が月単位で動いてます。
締日や支払日、月初に、月末。
その繰り返しで…。とご無沙汰の言い訳をしております。

そんな中、8月に発売予定されていた、奈良ソムリエ検定の教則本。
ゲットしましたよぉ〜
柘榴がゲットしたのは、9月になってからですけどね

とはいうものの、ゲットしただけで…^^;
熟読とは、なかなか…^^;
というのも、この本、かなり、分厚いのですよ。
その上、テキストなので、やたら字が多くて…
小説は、大好きな柘榴ですが、やっぱ、テキストは、テキストなので、
面白コメントはないし…
読み始めると、いつの間にか、瞼が…

でも、1月の検定、がんばってみようかなぁ。。。なんて思ってます。
瞼の重石に耐えながら、パラパラと目を通したところ、
寧楽(奈良市内)にある寺社仏閣っていうのは、一度は、耳にしたことが、あったり、なかったりなので、なんとか、覚えれるかなぁ。。。なんてあま〜い期待をしているのですが…
南部(奈良県)のページになるとちんぷんかんぷんなのです。
でも、検定は、1月!たっぷりと時間は、あるはず(?)
だって、三ヶ月、あるんですもん。
みなさんも、奈良ソムリエめざしませんか?
ちなみに、このテキスト
奈良の商工会議所で購入すると、一割引でゲットできるみたいです。
みなさんもゲットの際は、一度、奈良商工会議所に連絡してみてくださいね。

奈良商工会議所のHPです。
http://www.nara-cci.or.jp/narakentei/index.html
posted by 柘榴 at 20:08| 奈良 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

奈良検定

お久しぶりのエントリーです
今月は、風邪のため点滴通いに、友達の結婚式に、お出かけ(唐招提寺のうちわまき)にと、多忙な柘榴でした。

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…
みなさん、京都に続いて、寧楽でも、奈良検定が来年の一月に検定試験を実施されます。
正式名称を、
    奈良まほろばソムリエ検定
                             だそうです。

柘榴の感想
ソムリエってたらーっ(汗)
「ソムリエってワインの専門的知識を持って、料理に合ったワインを勧める人」ってイメージが柘榴にはあるので、このネーミングに、なんだか、ピンっとこなかったんですけどね。
それに、京都検定の二番煎じっぽいでしょ。ふらふら

でも、寧楽を見直すには、いい機会かしら。。。るんるんとも思いなおし、ちょっくら、テキストでも買って読んでみようかしら…と思ったんですが、まだ未発行でした。
18年の8月に、発行予定だそうです。

で、ちょっとその検定について調べてみました黒ハート
柘榴調べによると…

・来年、平成19年1月に第一回検定試験を実施
・検定ランクがあるらしい。
  ・奈良通2級、1級、奈良まほろばソムリエの3段階
  ・でも、例外で修学旅行生を対象にも簡易的な検定が考えられてるみたい。
  この検定ランク、第一回目の検定試験には、2級のみの実施で、二回目以
 降、2級合格者のみが、上のランクの1級、まほろばソムリエへと受験できる
 みたい
・検定受験者を対象に事前セミナーが予定!されてるらしい。
・それに、体験学習プログラムなんかも、計画中!らしい。

実施するのは、奈良商工会議所 奈良検定特別委員会事務局 ですので、ご興味を持った方は、お問合せを!

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。

追伸 
二番煎じ・・・一度煎じたものを、再び煎じること。また、そうしたもの。
       何度か行われ、新味のないもの。大辞林より
柘榴、二番せんじゅだとばかり思っていました(;^_^Aアセアセ…
ちなみに、つい最近、法被(はっぴ)を「ほうひ」と読んでしまいましたがく〜(落胆した顔)
日々、賢くなりつつある柘榴ですふらふら
posted by 柘榴 at 12:38| 奈良 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 柘榴のたわごと(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

寧楽の筆まつり

暖かくなったとはいえ、朝夕はまだ、寒い寧楽です。
この寒さのせいか、鼻水が止まらないもうやだ〜(悲しい顔)→鼻が詰まるちっ(怒った顔)→鼻水がとまらないもうやだ〜(悲しい顔) を繰り返し、ティッシュが手放せない柘榴です。
ちなみに、柘榴、花粉症ではないのですが、この症状から察するに、どうみても、花粉症デビューのような…。がく〜(落胆した顔)
「どうか、風邪でありますように…。」と願う柘榴です。

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…
3月21日のお休みに、柘榴は、こんなイベントに出かけてきました。
ポスター.JPG

菅原神社で行われた筆祭りです。
境内.JPG

前にもお話したんですけど、柘榴、お習字のお稽古に通っています。
お稽古には、文房四宝(文房八宝)って言葉もあるくらい、筆、墨、紙、硯(鎮・印・硯滴・筆架)が必需品です。
で、筆って、動物の毛でできていますよね。
今は、ナイロンの毛なんて筆もあるみたいですけど…
よく聞くのは、羊毛、馬毛、狸毛、イタチ毛、コリンスキー毛、玉毛。

柘榴の愛用の筆も、羊毛筆とイタチ毛の筆です。
そのイタチの筆も、寿命がきてるようで、先がきかなくなってきて、最近では、新しいイタチの筆を使うようになって、古い筆は、筆立て立った状態のまま。(;^_^Aアセアセ…

というのも、捨てるに捨てられなかったんです。
もちろん、愛用した筆であることも、大きな理由なんですけど、それ以上に、筆のために毛を提供してくれた動物のことを思うと、なかなか、ゴミ箱に『ポイッ』ってことができなかったんです。

で、この筆祭りを知った柘榴。
この筆祭り、寿命が来てしまった筆を筆塚の前で供養していただける上に、寿命がきた筆を持っていくと、新しい筆と交換してもらえるんです。
なんて、ラッキーな!
もちろん、新しい筆と交換していただきましたよぉ〜。
筆塚.JPG    交換.JPG
   ↑筆供養          ↑筆交換

他にも、一字書ってコーナーでは、半紙に好きな言葉を書いて奉納し、筆供養の時に、一緒に燃やしてもらえるんです。これって字の上達を願って!ってことなんですって。
一字書.JPG
  ↑ 一字書き

それに、筆づくりや墨づくりの実演もされているし、筆づくりの体験もあって、実際、伝統工芸士の職人さんから筆作りの技を直伝してもらえちゃったり…
筆タ演.JPG    墨タ演.JPG   
  ↑筆づくりの実演            ↑墨づくりの実演  

体験.JPG
  ↑筆づくりの体験

それに、奈良の筆屋さんたちが、筆の市をしてて、お買い得で筆をゲットしちゃったり…
市.JPG
  ↑筆の市

餅まきなんてのも、あって、お餅が、空を舞うたび、柘榴のキャーと言う声が響いて…。
とっても、楽しい一日を過ごすことができました。
今年で、27回目だそうで、毎年、3月21日にされているそうなので、来年の春分の日には、どうぞ、寧楽の菅原神社へ!

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。
posted by 柘榴 at 20:01| 奈良 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ママの迷言B

こんばんは
久々のエントリーですふらふら
今日、又、ママの迷言が一つ誕生しました。

その前に最近の柘榴ママの近況です。
最近、柘榴ママは、「チャングムの誓い」という韓国ドラマにはまっています。
テレビ放送では、待ちきれず、どこからか手に入れたCD−Rで、PCと格闘しながら、毎晩3〜5話 つまり、少なくとも3時間弱見続け、寝不足の日々を送ってます。
PCの使いたい柘榴は、「その辺にしたら・・・」とPCを催促しながら、母の体調を気遣っているやさしい娘なのです。
だって、柘榴のPC使うんですもんちっ(怒った顔)

今宵の柘榴ママの迷言とは…

そんな、遅めの韓流ブームにはまっている柘榴ママと、にわか野球ファンの柘榴は、今日行われた日本vs韓国の野球中継を見ていたその時

ママ : 韓国の選手って「イさん」っていう名前の人多いんやね。
柘榴 : そうみたいね。これから、打つ人も、イさんみたいよ
ママ : イボイボさん?
柘榴 : ???
     「イボムホ」さんでしょ。。。あせあせ(飛び散る汗)

さすがexclamation×2
カタカナが苦手な柘榴ママでした

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。
posted by 柘榴 at 21:17| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 柘榴ママの迷言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

影向の松 =ようごうのまつ=

皆さんは、今年、初詣に行かれましたか?
柘榴は、おん祭りの行われた春日大社にお参りに行ってきました。
その日の寒さはほどほどだったのですが、昨日今日の寒さに減退気味の柘榴ですもうやだ〜(悲しい顔)

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

柘榴の記事でもお知らせした春日若宮おん祭り
この春日若宮おん祭りのメインイベントの一つに松の下式っていうのがあるのですが…
ホントに、一の鳥居をこえたところにある松の下で、行われるイベントです。
この松、とても有名な松らしく、あるもののモデルになっている松なのです。
皆さんも、一度は、あるものをご覧になられているはず。
でも、どれが、その有名な松なのか、柘榴にとって???ふらふらっていう状態です(;^_^Aアセアセ…。又、写真を撮りに行って、ご紹介しますねぇ〜

さて、そのあるものとは、なんでしょう?

「って言われても…ふらふら」て思われた方。

それでは、ヒントです。
お祭りの「松の下式」では、奏楽、細男、田楽、 能の翁が演ずる「弓矢の立会い」などが演じられます。

exclamation ピンときた方
そう! その通り!
あるものとは、能舞台の後ろに書かれているあの松の絵なんです。
能舞台に描かれた絵のモデルの松。ちゃんと名前もあって、影向の松(ようごうのまつ)って言うんですって。

なぜ、その影向の松(ようごうのまつ)が能舞台に描かれているのかっていうと…
その昔、春日神社の影向の松の前で能が演じられた名残りなんだそうです。
能を神に捧げる際に影向の松が神の依代であり、 演者はその松へ向かい演じたため、鏡板にその松が映っていることを示しているのだそうです

寧楽で産まれ、寧楽で育った柘榴ですが、この松のこと知りませんでした(;^_^Aアセアセ…
こんな風に、寧楽を再発見して、柘榴自身も寧楽をもっと好きに、そして、皆さんにも寧楽を知って、好きになってもらえたら…なんて思っちゃいましたハートたち(複数ハート)

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。
posted by 柘榴 at 19:06| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

寧楽のお雑煮

おくればせながら、明けましておめでとうございます。
この1年が、あなたにとって最高の1年になりますようにるんるん
そして、私、柘榴にとっても、いい年になりますようにるんるん

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

お正月!といえば、何を思い出されますか?
お雑煮ですよね?←かなり、強引ですが(;^_^Aアセアセ…
すましだったり、白味噌だったり、豪華にいくらが入っていたり…と地方によって、特徴があるお正月の食べ物ですよね。

ここで、柘榴の家のお雑煮をご紹介します。
柘榴の家では、関西特有の白味噌仕立てです。
具は、人参、大根、サトイモ、お豆腐、そして、丸餅。
そのお餅も焼かずに、そのまま入れちゃいます。
なので、時間がたつと、お雑煮自体がぬべっ〜と、とんでもないことになっちゃいます。
そのお雑煮に、粉鰹をかけていただきます。

そのぬべっ〜となったお餅を取り出し、あるものをつけて、食する!っていう、寧楽独特の食べ方があるんです。
そのあるものとは…
「きなこ」なんです。
白味噌仕立てのお雑煮にはいっていた、ぬべっ〜となったお餅を取り出し、きな粉をまぶして食べるんです。

おじいちゃんとおばあちゃんが食べていたのですが、あんまり、柘榴好きじゃありませんふらふら
なので、年末に、きな粉を買うことはなくなった我が家ですが、今でも年末の寧楽のスーパーには、きな粉が並んでいます。

一度お試しになってみてはいかがですか?

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。
posted by 柘榴 at 19:26| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 柘榴のたわごと(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

春日若宮おん祭り

こんばんは
というか、お久しぶりです(;^_^Aアセアセ…
お仕事多忙のため、なかなか、新しい記事が書けませんでしたふらふら
なんて言ったって、恩師さえ走る師走(しわす)ですからねダッシュ(走り出すさま)
柘榴も走っておりま〜すあせあせ(飛び散る汗)
っていうか、実際は、走らなかったんですけど…(;^_^Aアセアセ…←「どっちやねんexclamation」って突っ込んでくださいね。

前にもお知らせした通り、12月4日、大仏マラソンにエントリーしておりました。
が、しかし、その日は、あいにくの雨雨
恵みの雨だったのかも?って声もあるのですが…
それに、加えて、寒気で、雨とも霙とも感じられる天候。
コースは、東大寺をはじめとする多くの寺院、原始林、宮跡からなる世界遺産をまわる、10キロ、5キロ、3キロ。
柘榴は、3キロのコースだったのですが、雨のため、東大寺南大門、東大寺本殿へと向かう石畳は、つるんつるん。
スタート地である新公会堂前の広場へ歩いていくのでさえ、「つるん」っていきそうな勢いだったんです。
で、走らずに参加賞の柿の葉ずしだけ、ちゃっかりいただいて帰ってきちゃいました。

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

寧楽では、「春日若宮おん祭り」というお祭りがあります。
柘榴が行っていた小学校や、中学校では、17日は、お祭りのために、授業が、午前中で終了なので、毎年、お祭りに行ってました。
でも、柘榴のいう「お祭り」って時代装束を着ての大行列である「お渡り式」ってところだけだったんです。亡くなった柘榴のおじいちゃんの趣味が乗馬だったようで、柘榴が小さい頃は、その行列に馬に乗って参加していたみたいです。あんまり、記憶がないのですが…
だからなのか、柘榴、その行列が、お祭りなんだと思ってましたふらふら
寧楽に興味を持ち始めて知ったんですけど、このお祭り、12月15日〜18日まで行われるんです。

お祭りの全貌は以下の通りです。
 15日 大宿所祭  17:00〜 
 16日 宵宮祭   16:00〜
 17日 お渡り式 12:00〜14:30
     松の下式 13:00
       春日大明神が御出現になったという「影向の松」に向かい、田楽など
       の曲を奏で舞う。
     お旅所祭 14:30〜
     還幸の儀 23:00
 18日 御宴能、奉納相撲 13:00
おん祭りの始まりは、平安時代の末期、大飢饉の際、関白藤原忠通が五穀豊穣と国民安寧を祈ってはじめられたそうなんです。

メインであるお渡り式や、松の下式は、土曜日である17日に行われるので、お近くの方は、いらしてくださいね。
ですが、くれぐれも、公共交通機関をお使いくださ〜い。
その日は、交通規制や「人・人・人」で、寧楽があふれているので…

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。
posted by 柘榴 at 21:32| 奈良 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

ママの迷言A

こんばんは
柘榴ママが金沢へ旅行してきました。
すごーく楽しかったみたいで、お家に着くなり、しゃべり出す柘榴ママ。

「ふ〜ん」とか「そうなの。。。」って聞いていたのですが・・・
当然、天然ぶりを発揮した柘榴ママ

今宵の柘榴ママの迷言とは…

お話をしつつ、金沢のお土産『娘娘万頭』をくれました。
柘榴は、そのお土産をおいしくいただこうとした時

ママが一言:
「加賀で有名なお菓子なんだって
 『にゃんにゃんまんじゅう』だったかな。。。。」

柘榴の心の声:
「娘娘って書いて、『にゃんにゃん』exclamation&question

柘榴 どんなお菓子かと一瞬手が止まってしまいました。

説明文を、よく読んでみると…

娘娘万頭(にゃあにゃあまんじゅう)
    黒糖と地産味噌のほのかな香りが、ほどよく調和したお菓子です。
    口あたりもまろやかに、おさえた甘さもご好評をいただいております。
    娘娘(にゃあにゃあ)とは、娘さんのことを表わす加賀言葉です。

以上の説明文が…。

「おかぁさん、『にゃんにゃん』じゃなくて、『にゃあにゃあ』だから・・・」って
突っ込ませていただきました。

もちろん、とても、おいしくいただきましたわーい(嬉しい顔)

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。
posted by 柘榴 at 22:48| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 柘榴ママの迷言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

正倉院展

こんばんは
行ってきましたよぉ〜。正倉院展!
最終日(14日)、それも、4時半過ぎ!
外に出てきたら、こんなにまっくろでした。
    正倉院展.JPG

ホント、ギリギリでないと行動の起こせない柘榴です(;^_^Aアセアセ…

いつもながら、今宵の柘榴のたわごと(日記)は…

今年の正倉院展
柘榴のお気に入りは、碁石でした。
象牙で造った碁石を紅色と紺色に染め、これに線刻をくわえて白く文様を彫りあらわす撥鏤(ばちる)っていう技法
すんごくすばらしかったです。

碁石.jpg
↑これは、国立博物館が発行している冊子の表紙です。
柘榴のお気に入りの碁石(左列1〜2列)が載っていたので、載せさせていただきました。
碁石の彫りまで、見えるかなぁ。。。。

大きさ2センチ弱で、それも、碁石なので、もちろん、厚みも丸みもあります。
その碁石に、鳥(やつがしら と かも)が、彫られてるんです。
それが、21世紀の今、ほとんど、原型をとどめて現存するんですよぉ〜

そう考えると、寧楽に住んでることが、ラッキーだなぁ〜って思います。
欲しさえすれば、機会やチャンスに恵まれたりします。
例えば・・・・
正倉院展にしても、ここ5年ぐらい毎年、楽しみで、柘榴は出かけてます。
でも、学生の頃は、秋になると車で道は渋滞するし、人・人・人であふれるし… 最悪!なんて思ってました。
それが、知り合いの方が、正倉院展の会期中催されている野点のお茶会を担当されることになって、手伝いを頼まれたんです。それで、一日中、国立博物館で正倉院展に触れて…
「やっぱり、すごいなぁ〜。」って。
皆さんが正倉院展!っていって、遠方から訪ねて来られる理由がわかったような気がしました。
そうやって、目を向けてみると、父の友人が塗り師だったり、母の友人の息子さんが、鬼瓦を作っておられたり、柘榴の同級生のお父さんが、人間国宝だったり・・・
もっともっと、寧楽を知りたいなぁ〜と思う柘榴です。

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。
posted by 柘榴 at 22:34| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寧楽 information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ママの迷言

こんばんは
今宵は、柘榴の家族、柘榴ママの紹介を!
柘榴ママは、去年還暦を迎えました。
いわゆる関西のおばちゃんです。
本人のイメージは、関西のおばちゃんではなく、郊外の奥様らしいのですが…
でも、彼女、かなり天然入ってる人で、最近は、「あれが、そうなって、こうなの。」って感じで、柘榴には、ちんぷんかんぷんの話をします。
そんな天然ママの迷言を一つ

今宵の柘榴ママの迷言とは…

         鳥フルエンザ

    訳: 鳥インフルエンザのことらしい

去年、柘榴ママが行った中国旅行の話になった時
柘榴:「又、行きたい?」
ママ:「今、いややわ。。。」
    「だって、鳥フルエンザにかかりたくないもん」
柘榴:???
    「あぁ、とり・インフルエンザね。。。」
ママ: 「。。。。。。」

なんだか、ちょっとつぼに入ってしまって笑いが止まらない柘榴でしたわーい(嬉しい顔)

最後まで読んでくださった皆様
つたない文章(日記)を読んでくださってありがとうございます。

posted by 柘榴 at 19:56| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 柘榴ママの迷言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。